産経デジタルがお届けする髪の総合情報サイト

【新型コロナウイルス】AGAクリニックの各社感染防止策まとめ
2020年06月07日更新

ロレアル プロフェッショナル 2020年もサステナビリティの取り組みに注力

L’Oréal Professionnel (以下、ロレアル プロフェッショナル、本社=フランス、パリ)は、2020年も「サステナビリティ(持続可能性)」をビジネスの中核に据え、自然環境へのコミットと、美容師の方々の持続可能(サステナブル)なビジネスの展開について、様々な活動を通じて取り組むとのこと。

具体的には、製品の成分やパッケージ及び商品化における環境負荷の削減、ビジネスパートナーである美容師のウェルビーイングの改善への真摯な取り組み。ロレアルグループの “Sharing Beauty with All” の一環として、一歩先を行く、サステナブルなイノベーションと生産活動、それに伴う継続性のある消費活動サイクルを生みだすため率先していきます。

自然環境への取り組み

ロレアル プロフェッショナルは、常に商品化を必要最低限に減らし、パッケージのデザインはよりエコにデザインされています。例えば、カラー剤のパッケージのアルミニウム使用量を減らし、アルミニウムの年間消費量を9トン削減。また、今後のヘアカラーツールは、100%リサイクルプラスチックを原料のものを、それぞれの地域で生産します。さらに、直近のセリエ エクスパート シリーズ(ヘアケア)の刷新によって、パッケージのプラスチック使用料を13%削減に成功。これによって、年間58トンのプラスチックが削減することができます。

コミュニティーの保全

ロレアル プロフェッショナルは、コミュニティーの持続に注力しています。2015から、美容師に支給するバスタオルは、セネガル共和国の600以上の綿農家によって生産された綿を原料とした、フェアトレード製品です。資源調達の方法を通じて、地域コミュニティーの保全を支援しています。また、ヘアアーティストたちのコミュニティーには、MSD(筋骨格系障害)防止プログラムを通じて、美容師の健康問題の防止に取り組んでいます。美容師の75%が職業病として抱えているというMSD(筋骨格系障害)への対策として、無料モバイルアプリ上でトレーニングを提供し、世界中の美容師に筋骨格系疾患予防し健康維持に努めるための手助けをします。

ロレアル プロフェッショナルについて

フランス パリで111年前に誕生して以来、世界的に美容業界を牽引し続けるサロン専用ブランド、ロレアル プロフェッショナル。1907年、若き化学者ウージェンヌ・シュエレールにより、世界で初めて安全で美しいヘアカラーリング剤、オレアル(Oréal.)が生まれました。その2年後、1909年、彼の立ち上げた会社が、世界最大の化粧品会社 ロレアルグループの前身です。ロレアルのルーツを汲むロレアル プロフェッショナルは、誕生以来、ヘアケア業界をリードする世界的ブランドとして認識され、現在、世界66カ国、約30万店、約100万人の美容師の皆様にご愛用いただいています。世界中の一流ヘアアーティストとともに歩んできた歴史は、ファッションとの強い繋がりを意味します。ロレアル プロフェッショナルは、パリ、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、東京といったメジャーなファッション都市で開催されるコレクションのバックステージパートナーとして、トレンドを最先端から発信し続けています。これからもロレアル プロフェッショナルは、革新的なテクノロジーと良質なサービスの提供で、サロン業界・アーティストに貢献し、全世界の女性の美をサポートし続けます。

ロレアル プロフェッショナル 公式 ホームページ: https://www.loreal-professionnel.jp#ロレアルプロ @lorealpro

薄毛に関する記事

AGAに関する記事

コラム&ニュースのおすすめ記事

HOW TOのおすすめ記事

特集のおすすめ記事