産経デジタルがお届けする髪の総合情報サイト

「SANKEI Hair Care Post 」サービス終了のお知らせ

髪・頭皮も日焼けする!紫外線ピーク時のダメージケアに重要なこと

夏になり、日照時間が長くなると気になるのは紫外線。日焼け止めを塗るなどUVケアを始める人も多いはず。特に紫外線量が最も多くなる7~8月には日中のケアは必要不可欠です。しかし、晴れの日には入念にケアをしていても、曇りや雨、涼しい日などうっかりケアを怠ってしまった、なんて経験はないでしょうか? 実はうす曇りでも、晴天時の80~90%の紫外線量が降り注ぐと言われています。また、雲の間から太陽が出ている場合には雲からの散乱光が加わり、快晴のときよりも紫外線が多くなることがあります(気象庁HPより)。そのため、体感的に過ごしやすい日でもしっかりとUVケアを行うことが肝心です。

髪・頭皮も日焼けする!パサつきや抜け毛の原因にも

紫外線は髪や頭皮を乾燥させ、抜け毛を招く原因になります。乾燥してダメージを受けた髪はキューティクルがはがれやすくツヤがなくなり、切れ毛や枝毛、パサつきといった髪のトラブルを引き起こしやすくなります。また、紫外線を浴びることで髪が変色したり、ヘアカラーをした髪の色持ちが悪くなる可能性も。髪だけでなく頭皮も老化現象が進むなど多くの影響があるため、極力紫外線を浴びないように注意する必要があります。

UV対策とダメージケアで髪・頭皮の負担を軽減!

日中、多くの紫外線を浴びる髪・頭皮のダメージを軽減させるためには、日頃のUV対策とその日のうちにしっかりとケアを行うことが重要です。

①市販の髪専用UVスプレーなどを活用し、UVケアをする

髪専用UVスプレーを使用するときは、髪や肌から10~15cm程度離した状態で頭全体にムラなく吹きかけるのがオススメです。また、外出時には2~3時間おきにかけ直すのがベスト。特に髪は動きやすく、互いにこすれ合うことでもスプレーが落ちてしまいます。かけ直すときは、再度まんべんなく上塗りしましょう。

②外出時は帽子を被り、日傘を差す

髪や頭皮にできるだけ紫外線が当たらないよう、外出時は帽子を被り、日傘を差すようにしましょう。頭皮の日焼けを防ぐためには、頭頂部までしっかりと覆うタイプの帽子がオススメ。また、分け目には紫外線のダメージが集中してしまいます。頻繁に分け目を変えることでダメージを分散させることも大切です。

③紫外線をたっぷり浴びたダメージヘアにオススメのシャンプー

紫外線をたっぷり浴びた日はもちろんのこと、日頃からシャンプーはダメージヘア用のマイルドなものを選び、コンディショナーも忘れずに使いましょう。洗い流さないトリートメントでケアするのも有効です。紫外線をたっぷりと浴びた日は、スカルプケア用品などで髪や頭皮のダメージケアを。また、髪は濡れていると膨張して傷つきやすくなってしまうため、入浴後はなるべく早めに頭皮を中心にドライヤーで乾かしましょう。

④紫外線のダメージを最小限に!知っておきたい髪や頭皮の洗い方

紫外線のダメージを受けたときはもちろん、普段から髪や頭皮を傷つけないように洗うことが大切です。

1)髪を充分すすぎ、手のひらの上でシャンプーを泡立ててから、髪表面に伸ばして髪全体を洗う
2)全体的によくすすいだあと、最初よりも少ない量のシャンプーで頭皮をマッサージするようにもう一度洗う
3)シャンプーを充分に流してからコンディショナーやトリートメントを使用し、しっかりとすすぐ

また、入浴後はタオルでゴシゴシとこすらず、抑えるようにして髪の水気をとりましょう。ドライヤーは一箇所に集中させず、移動させながら使うのがポイント。頭皮からは20cm程度離して使いましょう。

【参考】

アデランス

薄毛に関する記事

AGAに関する記事

コラム&ニュースのおすすめ記事

HOW TOのおすすめ記事

特集のおすすめ記事