産経デジタルがお届けする髪の総合情報サイト

「SANKEI Hair Care Post 」サービス終了のお知らせ

髪に関する県民性を大調査!「中部地方」は髪に悩む人が多い!?

株式会社アデランスが、47 都道府県各 104 人(20~60 代の男女 計 4,888人)を対象に、髪に関する意識調査をンターネット調査で実施しました。

全国的髪の悩み1位は「白髪」

髪についてどのような悩みを抱えているか尋ねたところ、「白髪」が 46.7%でトップとなり、全国的に半数近い方が悩みとして認識していることが分かります。次いで 2 位が「髪のパサつき」(33.3%)、3 位が「薄毛、抜け毛」(28.8%)と続き、それぞれ高い割合となりました。

薄毛抜け毛の悩みは滋賀県が1位⁉

何らかの「髪の悩み」について答えた人と、「髪の悩みはない」と答えた人との割合を地域ごとに比べたところ、「髪の悩みがある」と回答した人の割合が最も高いのは中部地方(88.3%)でした。一方、「髪の悩みはない」と回答した人の割合が最も多かったのは関東地方(83.5%)で、トップの中部地方
とは、約 5%の差が出る結果となりました。

地域別:ヘアスタイルに気合を入れるシチュエーション 九州沖縄地方は“特別な日”、北海道は“普段から”という傾向に

どのようなシチュエーションで髪のセットに気合を入れるのか尋ねたところ、全国では「友人、知人の結婚式」(35.5%)がトップとなり、「仕事関係」(13.1%)が 2 位、「普段から気合を入れている」(9.0%)が 3 位となりました。

 

上記質問を地域別に見ると、気合を入れるポイントが少しずつ異なっていることが分かります。全国的に最も回答率が高い「友人、知人の結婚式」は、特に九州沖縄地方の回答率が高く、最も少なかった北海道と比べると 12%も高い結果となりました。九州沖縄地方の人は、「結婚式」のような非日常的なシチュエーションで特に気合を入れていることがわかります。一方で、北海道の人は、「仕事関係」(14.4%)や「普段から気合を入れている」(13.5%)と回答した人の割合が他の地方より高く、日常的にヘアスタイルを意識している傾向が見受けられます。

ヘアケアにも「県民性」があるのでしょうか。

【参考】

※ アデランス

<調査概要>
○調 査 名:髪に関する意識調査
○調査対 象:全国の 20~60 代の男女 4888 名(有効回答数)
全国 47 都道府県 各 104 名(女性 52 名、男性 52 名ずつ)
※各県の居住期間が 3 年以上の方が対象
○調査期 間:2020 年 6 月 9 日(火)~6 月 10 日(水) 2 日間
○調査方 法:インターネットアンケート
※地域区分について
北海道(北海道)
東北地方(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
関東地方(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)
中部地方(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県)
近畿地方(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
中国地方(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)
四国地方(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)
九州沖縄地方(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
※本調査結果では、小数点以下第 2 位を四捨五入しているため、合計しても 100%にならない場合があります

薄毛に関する記事

AGAに関する記事

コラム&ニュースのおすすめ記事

HOW TOのおすすめ記事

特集のおすすめ記事