産経デジタルがお届けする髪の総合情報サイト

今後は暖色系カラーが人気を占める!美容師72人が選ぶ「2019年秋のトレンドヘアカラー」を発表

株式会社ビューティーエクスペリエンスは、全国の美容師ネットワークから得たトレンド情報を発信する「bexトレンドラボ」にて、美容師72名を対象に「ヘアカラートレンド」や「デザインカラー」に関する調査を実施しました。

暖色系カラーが人気!2019年秋のトレンドヘアカラーは「オレンジ」

9月も後半。ファッションも切り替わっていく時期です。おしゃれをするには、洋服やアクセサリーなどの色だけではなく、ヘアカラーも「今年の流行色」を知っておきたいところ。

ビューティーエクスペリエンスが美容師さん72名に行った「この秋、注目のトレンドヘアカラー」に関する調査では、第1位は「オレンジ系」で36%、第2位は「ベージュ系」で33%、第3位は「バイオレット系」で31%という回答になりました。

赤みのないアッシュ系やベージュ系などの外国人風カラーが長らく主流でしたが、夏から徐々に人気が出てきたオレンジ系がそれらを抑えトップに。暖色系カラーの台頭で、今年は今までにない動きが見られそうです。

 

デザインカラーは「耳周りのアクセント」がポイント!

インナーカラーやハイライトなど2色以上を使用したデザインカラーや、ヘアマニキュアやカラーバターなどを用いた鮮やかなヘアカラーが近ごろ大人気。デザインカラーには、ハイライトやグラデーション、毛先に色を入れる裾カラーや髪の内側に色を入れるインナーカラーなどがあります。

美容師さんに「おすすめのデザインカラー」について調査を行ったところ、第1位は「かき上げたときに見える耳周り」で39%、第2位は「襟足の内側」で35%、第3位は「毛先」で33%という結果が出ました。

内側やワンポイントで色を入れるのがおすすめのようです。定番のワンメイク(単色染め)だけではなく、デザインカラーを取り入れることでもっとおしゃれを楽しめそうですね。

 

今後はポイントカラーも「暖色系」が流行の予感!

裾カラー、インナーカラーなどの「ポイントカラーにおすすめの色」について調査を行ったところ、第1位は「オレンジ」で43%、第2位は「イエロー」で35%、第3位は「ピンク」で24%という結果となり、暖色系がトップ3を占めました。しかし、「10~20代女性からよくオーダーされる色」について調べたところ、第1位が「ブルー」、第2位が同率で「ネイビー」「グレー」「グリー」「ピンク」となり(自社調べ(2019年8月 n=25))、現状としては寒色系が多い印象を受けます。

今までのニーズは寒色系が多かったものの、美容師さんが答える今後のおすすめは圧倒的に暖色系です。主流の寒色系と同様に、今後は暖色系のポイントカラーが流行しそうです。

また、美容師さんはヘアカラーの選定をする際、お客様の肌の色から色相(赤や青などの色み)を選ぶことが多いようです。肌になじむ色を美容師さんと相談しながら、好みの色を好きな位置に入れて、自分だけのデザインカラーをカスタマイズするのもおすすめです。

【調査概要】
調査期間      :2019年 7月1日 〜 7月31日
調査方法      :インターネット調査
対象        :美容師
サンプル数     :n=72

 

アッシュなどの寒色系人気からいよいよ変化アリ!美容師72人が選ぶ 2019年秋のトレンドヘアカラーはオレンジ! -ビューティーエクスペリエンス

コラム&ニュースのおすすめ記事

HOW TOのおすすめ記事

特集のおすすめ記事