産経デジタルがお届けする髪の総合情報サイト

  • Hair Care Post
  • 特集
  • 国内だけでも1260万人が悩んでいる!?真実を知れば「AGA」は怖くない

国内だけでも1260万人が悩んでいる!?真実を知れば「AGA」は怖くない

AGA(男性型脱毛症)は「進行する脱毛症」と呼ばれ、そのままにしておくと硬毛の軟毛化、脱毛量の増加により、頭髪の量が全体的に減少していきます。現在、日本全国で1260万人とも言われる方々が悩まされており、その数は年々増え続けています。AGA専門外来を中心に、20年間で220万人もの治療実績を持つ「Dクリニック東京」の小林一広院長に、薄毛や抜け毛、育毛に対する正しい考え方についてお話をうかがいました。

――脱毛、薄毛に対する一般的な認識と医学的な事実はどこが違いますか

脱毛という言葉だと、抜けてそのままなくなるというイメージがあるかもしれませんが、本当はなくなってはいません。髪として育つ力がなくなっていくのがAGAなのです。髪の毛1本1本には平均6年の寿命があり、1か月に約1センチ伸び続けたものが抜けて、また新しい髪が生えることの繰り返しです。これをヘアサイクルと呼んでいますが、通常は5~6年間続く成長期が、AGAの人はこのサイクルが短くなるため、髪の毛が十分に成長しません。成長期に太く長く育つはずの髪が、細く短くなってしまうのです。育つ力がなくなり、髪と呼べるほどの長さや太さになるまで成長しないので、地肌が透けて見えてきてしまうのです。

 

――AGAが発症するメカニズムは何でしょうか

AGAは男性ホルモンの「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という変換酵素の働きで、「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変換され、頭皮で髪を作る活動を邪魔することで発症します。であれば「テストステロン」を減らせばAGAが防げるのかと言えば決してそうではありません。そもそも「テストステロン」は男らしさを維持する大事なホルモンなので、それでは〝髪のために男を捨ててもいいのか〟という話になってしまいます。現在我が国で承認されている内服する治療薬は、「テストステロン」を抑えるのではなく、変換酵素の活性を抑えることにより「ジヒドロテストステロン」の産生を抑える事で有効となっている物なのです。

 

――症状がどの位まで進行するとAGAの治療が必要と判断されるのでしょうか

判断する医学的な定義はありません。髪が薄い、薄くないは最終的に本人が判断することなのです。ですから薄毛に関する定義もありません。本人が困っているか、気になっているかはご自身の意識次第なのです。ただ、AGAは遺伝の負因が強いと言われているので、親族の状況を鑑みて「今のうちから手を打っておきたい」、という患者さんはいらっしゃいますね。

 

――治療はどのように行うのでしょうか

〝発毛した〟という結果についての医学的な定義はありませんから、ゴールも当人の気持ち次第となります。「どこまで増えれば満足か」という、患者さんが目指す所、いわゆる「自己ベスト」を聞くところから始めます。その後は外用薬(塗り薬)の「ミノキシジル」と内服薬の「フィナステリド」「デュタステリド」などの薬を使って反応を見ます。もともと髪は1ヵ月に1センチしか伸びませんから、半年は続けていただかないと治療効果の評価は出来ないと思ってください。

――率直な話、効果はありますか

我々の治療では1年くらいで「自己ベスト」は出せるようになります。最初に確認する「自己ベスト」が世界記録を目指すのか、町内会記録でいいのかは人によって目指すところが違いますので、満足感にはどうしても個人差は出てしまうのです。その次に大事な事は、その「自己ベスト」を維持するためのトレーニング(=加療)の継続です。スポーツの記録でも、一回自己ベストを出した後、トレーニングを止めてしまったその後のタイムは落ちますよね。それと同じことなのです。

――AGAを和訳すれば「男性型脱毛症」ですが、女性の場合はどうでしょう

昔から「髪は女性の命」と言われているように、女性の方が、年を取ってからの深刻度は強いと思います。女性の場合、薄毛が進行する1つのポイントは閉経です。かなり髪質が変わるケースも珍しくありません。閉経で女性ホルモンが減った後に、元々ある微量の男性ホルモンが悪さをし始める場合があります。AGAと同じで、男性ホルモンの影響を受けやすい部分が生えにくくなったりします。転ばぬ先の杖として「ミノキシジル」を気になる部分に使うのが有効です。

 

後編「医師に聞く!薄毛を招くNG生活習慣」に続く

コラム&ニュースのおすすめ記事

HOW TOのおすすめ記事

特集のおすすめ記事