産経デジタルがお届けする髪の総合情報サイト

  • Hair Care Post
  • HOW TO
  • そのダメージは肌より深刻 紫外線による髪と頭皮への影響と対策を専門医が解説

そのダメージは肌より深刻 紫外線による髪と頭皮への影響と対策を専門医が解説

屋外で過ごす時間が多くなる夏。お肌の紫外線対策は気にかけても、髪と頭皮への気配りは見落としがちです。実は、髪の分け目は顔の2倍も紫外線を浴びていて、その影響は秋になって、頭皮トラブルや抜け毛となって現れるのです。Dクリニック東京(JR東京駅そば)で頭髪治療を専門とするメンズ院長・小林一広先生、ウィメンズ院長・浜中聡子先生が「髪・頭皮と紫外線ダメージ」とその予防策について解説します。

光老化啓発プロジェクト委員会(NPO法人皮膚の健康研究機構)によると、肌の老化に対する加齢の影響は実は2割程度で、8割は太陽光線による「光老化」が8割を占めるといいます。太陽光線は紫外線(UV)、可視光線、赤外線の3つに分かれますが、肌老化に最も影響を及ぼすのが紫外線です。特に気にすべきなのが、身体で最も日焼けしやすいのが「髪と頭皮」だということです。そのダメージは主に次の3つとなって現れます。

日焼けによってあらわれる髪と頭皮のダメージ

1・髪質の悪化―髪の大部分は、さまざまなアミノ酸が結合した「ケラチン」というタンパク質でできていますが、紫外線を受けると、アミノ酸が酸化し、別の物質に変化してしまいます。それによりケラチンがダメージを受け、髪を保護する役割を担うキューティクルが剥がれ落ち、枝毛や切れ毛の増加、ツヤの減少、パサつきなどを招きます。

2・髪の脱色―黒い髪を作るメラニンである「ユーメラニン」が紫外線によって分解され、髪の色が赤茶色に変化してしまうことがあります。

3・薄毛、抜け毛―健康的な頭皮は青白い色をしていますが、紫外線を受けるとピンクや赤茶色を帯びてきます。炎症を起こし、乾燥している状態なので、フケやかゆみがでることもあります。さらにこの状態が続くと、毛根がダメージを受け、健康な髪が生えてこなくなってしまい、抜け毛、薄毛を引き起こすこともあります。

 

紫外線による髪と頭皮トラブルを防ぐ3つの方法

1・帽子や日傘の利用ー帽子は頭皮が蒸れてしまわないように、通期性のよい麦わら帽子などがおすすめです。被りっぱなしも避けましょう。

2・頭皮用日焼け止めの利用-こまめに塗り直すことが重要です。1日の終わりに完全に洗い流すことも忘れないでください。

3・分け目を変える-髪のダメージは防げませんが、頭皮の日焼け対策としては、分け目を頻繁に変えるだけでも効果があります。

 

うっかり日焼けしてしまった場合は

もちろん、もう既に夏の日差しをさんざん頭に受けてしまった方もいらっしゃるでしょう。その場合は次の3点を心がけてください。

1・優しく、でもしっかりとシャンプーする-日焼けしてしまったからといって、シャンプーを控えるのはかえって頭皮環境を悪化させてしまいます。刺激の少ないタイプのシャンプーで、優しく、でもしっかりと洗いましょう。

2・頭皮専用の保湿液を利用-日焼けした頭皮は乾燥しがちなので、頭皮専用の保湿液がおすすめです。肌をスキンケアするのと同じ感覚で、頭皮もしっかり保湿してください。

3・カラー、パーマは控えめにー日焼けした直後は頭皮が敏感になっているので、しばらくはカラーとパーマは控えましょう。

 

Dクリニック東京メンズはテストステロン(男性ホルモン)に着目し、男性力を上げるクリニックです。AGA専門外来では、20年間で延べ210万人もの治療実績があります。また、Dクリニック東京ウィメンズは、女性ホルモンなどの「ホルモンバランス」に着目し、女性医療を提供するクリニックです。薄毛治療を中心に美肌治療、点滴療法やホルモン補充療法など、女性健康をトータルサポートしています。

Dクリニック

コラム&ニュースのおすすめ記事

HOW TOのおすすめ記事

特集のおすすめ記事