産経デジタルがお届けする髪の総合情報サイト

「SANKEI Hair Care Post 」サービス終了のお知らせ

女性の約4人に1人が悩んでいる!根元はベタつくのに、毛先はパサつく“混合頭髪”とは?

花王株式会社は、20代~40代の女性を対象に髪悩みに関する調査を実施し、「根元はベタつくのに毛先はパサつく」、という相反する頭髪状態“混合頭髪”に悩む現代女性が、約4人に1人いることが分かりました。
“混合頭髪”は現代女性が行う日々のヘアケア方法などに起因していると考えられます。今回は、イマドキ女子が抱える髪悩み、“混合頭髪”の原因や『ヘアケアに関する意識・行動実態』を合わせてご紹介します。

■女性の約4人に1人が抱える、新たな髪悩み“混合頭髪”とは?

“根元はベタつくのに毛先はパサつく”といった、相反する「ベタつき」と「パサつき」 を同時に感じる頭髪悩みを 花王は“混合頭髪”と名付けました。

花王が実施した調査結果から、20代~40代女性の約4人に1人がこの“混合頭髪”に悩んでいることが分かっています。肌に「混合肌」があるように、髪にも“混合頭髪”があるのですね。

【“混合頭髪”チェックボックス】
当てはまる項目があったら、“混合頭髪”かもしれません

✔パサつきが気になってついヘアオイルをつけすぎてしまうことがある
✔ヘアケア剤をつけすぎてシャンプーの泡立ちが悪いときがある
✔朝はキレイに仕上げても夕方にはベタつきが気になってくる
✔しっとりタイプとさらさらタイプ、どちらのシャンプー
✔トリートメントが自分に合うのか分からない

■“混合頭髪”を引き起こす、現代女性の3つのヘアケア行動とは?

実は、その「現代女性ならではのヘアケア行動」が“混合頭髪”という新たな頭髪悩みにつながっており、中でも3つのヘアケア行動の変化が、大きく影響していると考えられます。

<1.ヘアアイロンの使用>

直近10年でヘアアイロン使用率が上昇。また、87%の方が髪の傷みを気にしており、毛先使用が多いヘアアイロンを毎日使用することで、特に「毛先ダメージ」を気にする傾向も伺えます。

<2.ヘアトリートメントの使用>

ヘアアイロン等の使用によるダメージ意識から、トリートメント使用率もアップ。中でもアウトバストリートメントの使用率は直近20年で大きく上昇。複数のヘアケア剤の使用傾向も観察できます。

<3.洗髪行動の変化>

複数のヘアケア剤の使用が目立つ一方で、洗髪行動にも変化が。「傷んだ髪をやさしく洗いたい」という意識から頭髪表面をやさしくなでるように洗う傾向が見られます。また、20~30代女性はシャワーに向かって上向き姿勢のまま洗う人が多く、下を向いて後頭部やえり足からシャワーをかけて洗う「下向き洗い」に比べて、「上向き洗い」はヘアケア剤や皮脂汚れなどの洗い残しが起こりやすい傾向が見られます。

このように、ダメージケアの意識からついつけすぎてしまったヘアケア剤や皮脂汚れなどの洗い残しが「蓄積汚れ」となり、「毛先のパサつき」に加えて、「根元のベタつき」まで同時に感じる“混合頭髪”の一因になると考えられます。

“混合頭髪”の原因、「蓄積汚れ」とは?

スタイリング剤や、ついつけすぎてしまったトリートメントやオイルと皮脂などが混合し、溜まることで「蓄積汚れ」となります。

「蓄積汚れ」は根元ではベタつきの原因に。そして毛先では「蓄積汚れ」をきちんと落とせないとトリートメントがなじみにくくなり、パサつきも引き起こしています。“混合頭髪”の解決には「蓄積汚れ」をしっかり落とし、同時にうるおいをチャージさせる状態に整えることが重要です。

ベタつきとパサつき、「どちらかの悩みに特化したものしか、今まで出会ったことがない(20代)」「どちらかの悩みに対応する商品はあるが、1つで対応できるものはないと思っている(30代)」という、相反する2つの悩みを一度に解決するのは難しいと諦めている実態が伺えました。

<根元はベタつくのに毛先はパサつく、“混合頭髪”悩みに。「PYUAN (ピュアン)」から“混合頭髪”のための新ライン誕生>

2020年10月24日、“ニオイ・ベタつきの悩みから解放され、一日中前向きにキレイが楽しめる”ヘアケアブランド「PYUAN(ピュアン)」から、根元はベタつくのに毛先はパサつく“混合頭髪”のための新ライン「PYUAN デトクレンズ シャンプー&チャージビューティ トリートメント」が発売されます。

【参考】

※ 花王

薄毛に関する記事

AGAに関する記事

コラム&ニュースのおすすめ記事

HOW TOのおすすめ記事

特集のおすすめ記事